お客様に髪の傷みを感じさせないハーブカラー

オリジナルハーブカラー

漢方や生薬、ハーブをベースとした、

頭皮や毛髪にダメージの少ないカラー剤です。

point-1
髪にハリ、コシ、ツヤが出て地肌に優しい。

 

界面活性剤、防腐剤、シリコンが入っていない。

界面活性剤、防腐剤、シリコンが入っていない。

 

漢方、生薬、天然のハーブがベースとなっている。
漢方、生薬、天然のハーブがベースとなっている。

 

ピリピリしみない、臭わない。繰り返すと髪がキレイになる。
ピリピリしみない、臭わない。繰り返すと髪がキレイになる。

 

 

モデル様のご紹介-画像

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

ハーブカラー BEFORE&AFTER
ハーブカラー
BEFORE&AFTER

 

 

 

 

お客様の声-画像

普通のカラーと違い 髪が痛まない感じがする バサバサしない
普通のカラーと違い
髪が痛まない感じがする
バサバサしない

 

 

 

 

昔のカラーの後の嫌な臭いもなく 手触りも良いと思う。 自然な好みのカラーに仕上がって嬉しく思う。
昔のカラーの後の嫌な臭いもなく
手触りも良いと思う。
自然な好みのカラーに仕上がって嬉しく思う。

 

 

 

さらさら、ツヤツヤで手触りもとてもよく気に入っている。 全くいたまないのですごく良い。
さらさら、ツヤツヤで手触りもとてもよく気に入っている。
全くいたまないのですごく良い。

 

締めのあいさつ-画像

 

ご興味、体験依頼、打ち合わせ等

お問い合わせがございましたら

こちらまで。

タップして頂くと直接電話が繋がります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

join-tel画像-1

メールでのお問い合わせ

タップして頂くとお問い合わせフォーマットが開きます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

join-maill画像-1

お問い合わせお待ちしております。

ハーブカラー導入時に思ったこと

昨日は、『明日からハーブカラーをがんばります!!』というお店で打ち合わせでした。

お店の状況をヒアリングさせて頂き、基本的な使い方。顧客へのご提案方法などを

一緒に考えさせていただきました。

 

チューブタイプのカラー剤で十分刺激の軽減されたモノもあるし、

数年前に比べると、ずいぶんよくなっている気はします。

 

しかし、私がご提案するハーブカラーとチューブタイプのハーブカラーでは、

何か違うんです。それは、結果として施術を受けられたお客様からの

声として頂いています。

『さらさら、ツヤツヤで手触りもとても良く気に入っている。

全く傷んだ感じがしないのですごく良い。』

『昔のカラー後の嫌な臭いもなく、手触りも良いと思う。

自然な好みのカラーに仕上がって嬉しく思う。』

『普通のカラーと違い

髪が痛まない感じがする。

バサバサしない』

などなど。*アンケートで頂いたお言葉をそのまま抜粋しています。

こういって頂ける、エンドユーザー様がいる限り、

 

私は顧客である美容室を通じて、ハーブカラーによるカラーストレスの軽減や

独特の質感やツヤ感をご提案していこうと改めて思いました。

ハーブカラー勉強会で思ったこと (16/9/22甲賀市)

ハーブカラーbefore
ハーブカラーbefore

昨日ハーブカラーの勉強会を行ってきました。

もう、ずいぶん慣れたもので、

だいたい、いい感じに仕上がります。

 

ハーブカラーafter-1
ハーブカラーafter-1
ハーブカラーafter-2
ハーブカラーafter-2

いつも、思い通りにカメラ写真で表現できないな~と思う。。

 

そんな事よりも、振り返って感じたこと。

昨日はとても良い勉強会が出来たんです。

なぜだろう?

○予備知識をオーナーが持たれていた

○私が紹介する商品の類似品を使われていた

○さらに良いモノをサロンが求めていた

○私の話をうまく聞き取って、受け入れてくださった

ではないかな~。

もっともっと広く、他の方にもお伝えしていくヒントが隠されているん

じゃないかと思う。

お話をしていて、自分自身がしゃべりすぎの様な気もしました。

うまく伝える技術。欲しいです~

 

 

alkali

パウダータイプ(1剤)+オキシで髪を明るくするハーブカラー(アルカリタイプ)

パウダータイプ(1剤)+オキシで髪を明るくするタイプ

<ワンメイクでカラーチェンジ>

moder-b

パウダータイプの1剤とオキシで髪を明るくしています。

1剤には髪を明るくするのに最低限必要な化学物質は、使われていますが

通常使われる、チューブタイプの1剤とは異なります。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

2剤(オキシ)も、パウダー専用オキシです。

---------------------------

<白髪も染まります>

moder-a

パワーをコントロールする事で、チューブタイプよりもダメージは減らせます。

○ピリピリがほぼしない

○ツンとした臭いがほぼしない

○染め終わったとき、頭皮が軽い

○色は無限に表現できます。

ブリーチング作用はありますので、ノーダメージではないですが、

極力ダメージを抑えることが出来ます。

----------------------

<リタッチ(アルカリタイプ)>

chi-san-koso

最低限必要な化学物質以外は、漢方、生薬ベースのトリートメントなので、

ツヤがいいです。根元がふんわりします。

少しの違いですが、うまく使いこなすことで、サロンの大きな味方となるカラー剤です。

お試しされたい方は、是非お問い合わせください!!

mild

オキシの変わりに水で溶き発色するタイプ(マイルドタイプ)

水で溶き発色するマイルドタイプです。

(ほぼ白髪100%のお客様のリタッチ)

model-h

 白髪のみ染まります。

パウダータイプの1剤+水なので、ほぼダメージはありません。

割ととりくみやすいタイプだと思います。

-----------------------

(10~20%の白髪だけを染める)

model-ha

新しく生えてきた部分にだけ薬剤を塗布しています。

○白髪→希望色に染まります

●黒髪→そのままです。

◎以前染色して明るくなった部分→今回は薬を塗布していません

*塗布したら、現在よりも暗くなります。

このケースも

パウダータイプの1剤+水なので、ほぼダメージはありません。

--------------------------

(中間毛先のトーンダウン)

model-ka

写真)左側のカラーが抜けて黄色くなった部分を

パウダータイプの1剤+水で染めています。

少しコツが必要ですが、ある程度希望色に染まります。(写真右

今以上に明るくは出来ませんが、ほぼダメージを気にせず染めれるので

いいですよね!!

*根元の黒髪部分は、別のアルカリを使ったパウダータイプで染めています。

慣れるとこんな感じに色味を出すことも出来ます。(今回はピンク)

<before>

ayaya-b1

<after>

ayaya-a1

漢方、生薬成分がある程度、髪の毛を整えてくれるので

ツヤも出てますね。いい感じです!!

2~3回繰り返すともっと良くなりますよ★★

今回は、オキシの変わりに水で溶き発色するタイプの

ハーブカラーの紹介でした。